2017年11月18日

【特集】「エクスカリバーしゃもじ」が大人気!

2017年10月14日より劇場版「Fate/stay night [Heven’s Feel]」が公開されています。それに伴い色々なコラボが展開されていますが、その中でもカフェが熱い注目を集めています。そこで今回インサイド編集部では、コラボを行っているカプコンカフェのイオンレイクタウン店に取材に行きました。

イオンの中でも広大なスペースを誇るイオンレイクタウンですが、カプコンカフェは「kaze」エリアにあり、駅からも徒歩5分程度。まだ開店の1時間以上前でしたが、既にお客さんが並んでいました。そんなカフェの入り口では、衛宮士郎と間桐桜の二人がお出迎え。店内には今回のコラボである「Fate/stay night [Heven’s Feel]」のビジュアルはもちろん、カプコンのキャラクターたちもいます。

レッドストーン RMT  


Posted by kagero2347 at 16:36Comments(0)

2016年09月05日

9月5日の記事

 北米時間2016年9月1日,Dellは,ゲーマー向けイベント「PAX West」のタイミングに合わせ,ゲーマー向け製品ブランド「ALIENWARE」に属するノートPC「ALIENWARE 17」「ALIENWARE 15」の刷新を発表した。いずれも,新デザインの採用と,ノートPC向けGeForce GTX 10シリーズの搭載による「VR Ready」な仕様が特徴だ。
 北米市場における受注開始時期は9月30日とのことで,詳細な仕様が明らかになっているわけではないが,現時点で判明している情報をまとめておこう。

 新デザインの筐体を採用したALIENWARE 17は,液晶パネル部のヒンジ形状が変更となり,全体的にややすっきりした印象になっている。この液晶パネル部にはTobii Technology製の視線追跡デバイスを搭載しており,それにより,Windows 10の生体認証機能「Windows Hello」による顔認証サインインに対応するだけでなく,ユーザーが本体の前からいなくなったことを認識して自動的にPCをロックする機能や,ユーザーが見ているときだけキーボードのバックライトやそのほかのイルミネーションを光らせる機能などが利用できるという。

新型ALIENWARE 17のCGイメージ。ヒンジ周りのデザインが変更となった。視線追跡デバイスは,おそらくこのヒンジ部分に内蔵していると思われるが,CGでは描かれていない

 受注開始時点で選択できるGPUは,ノートPC向け「GeForce GTX 1070」と「GeForce GTX 1060」,もしくは未発表のノートPC向け「Radeon RX 470」。11月にはノートPC向け「GeForce GTX 1080」もBTOの選択肢として加わるという。

 搭載CPUはSkylake世代の4コア8スレッドCPU対応「Core i7-6820HK」(4C8T,定格クロック2.7GHz,最大クロック3.6GHz,共有L3キャッシュ容量8MB)だが,メーカーレベルのクロックアップにより,最大動作クロックは4.1GHzに達するとのこと。メインメモリ容量は8GB~32GBの範囲から,ストレージはPCI ExpressもしくはSerial ATA接続のものをさまざまに組み合わせて選択できるようになっているそうで,とくに後者の場合は,「PCI Express接続で容量1TBのSSDをCドライブとして使いつつ,PCI Express接続で容量1TBのSSDとSerial ATA接続で容量1TBのHDDをD,Eドライブとして使う」なんてこともできるらしい。

●新しいALIENWARE 17の主なスペック
CPU:Core i7-6820HK(4C8T,定格2.7GHz,オーバークロック時最大4.1GHz,共有L3キャッシュ容量8MB)
チップセット:未公開
メインメモリ:PC4-17000 DDR4 SDRAM 8GB
グラフィックス:GeForce GTX 1080(グラフィックスメモリ容量8GB),GeForce GTX 1070(グラフィックスメモリ容量8GB),GeForce GTX 1060(グラフィックスメモリ容量6GB),Radeon RX 470(グラフィックスメモリ容量8GB)
ストレージ:SSD(PCIe M.2接続,またはSerial ATA 6Gbps接続,容量1TB),HDD(Serial ATA 6Gbps接続,容量1TB)
パネル:17インチ液晶,解像度未公開
無線LAN:未公開
有線LAN:1000BASE-T(Rivet Networks Killer Ethernet E2400)
外部インタフェース:未公開
スピーカー:未公開
マイク:未公開
カメラ:未公開
バッテリー容量:未公開
ACアダプター:未公開
公称サイズ:未公開
重量:未公開
OS:Windows 10(種別未公開)  


Posted by kagero2347 at 17:25Comments(0)

2016年06月09日

「KINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologue」は2016年12月に発売決定

スクウェア・エニックスは本日(2016年6月8日),PlayStation 4用ソフト「KINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologue」の最新ムービーを公開し,本作を12月に発売すると発表した。
 ムービーの最後では,今冬にナンバリング最新作「KINGDOM HEARTS III」(PS4 / Xbox One)についての発表があるこも告知されている。

 本作は,新規タイトルの「KINGDOM HEARTS 0.2 Birth by Sleep -A fragmentary passage-」,映像作品「KINGDOM HEARTS χ Back Cover」,リマスター作品「KINGDOM HEARTS Dream Drop Distance HD」の3作品を収録し,「KINGDOM HEARTS III」へとつながるタイトルと位置づけられている。

なお,「KINGDOM HEARTS Unchained χ」(iOS / Android)では,このムービーの公開を記念した限定メダルのプレゼント企画やイベントが6月9日に開始される。詳細は以下のリリースを確認してほしい。

キングダム ハーツ III へと繋がる完全新作タイトルを含むスペシャルパッケージ
KINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologue
新トレーラー公開及び全世界同時発売決定のお知らせ

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、PlayStationR4 用ソフト「KINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologue(キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ)」を2016年12月に全世界同時発売する事を決定いたしました。

本作は、完全新作のプレイアブル作品「KINGDOM HEARTS 0.2 Birth by Sleep -A fragmentary passage-」と新規HD映像作品「KINGDOM HEARTS χ Back Cover」、そして、HDリマスター作品「KINGDOM HEARTS Dream Drop Distance HD」の「キングダム ハーツ III」へ繋がる3作品を収録したスペシャルパッケージです。キングダム ハーツシリーズの未だ語られていない物語を、プレイステーション 4でお楽しみ頂けます。また本日より、新たなシーンをふんだんに盛り込んだ最新トレーラーを公開いたしました。


2011 年に発売された「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」のその後の物語を描いた「KINGDOM HEARTSIII」へと繋がる完全新作ショートエピソードで、主人公の1人であるアクアでプレイします。

<あらすじ>「KINGDOM HEARTS Dream Drop Distance」直後、待ち受ける最終決戦に向け準備を始めるソラたちに、王様はずっと秘密にしていたことを告白する。闇の世界にただ一人取り残されたアクアのその後の物語がついに語られる。


PCブラウザ、スマートフォンアプリで配信中の「KINGDOM HEARTSχ&Unchainedχ」の裏側で起きていた予知者達の謎に満ちた物語を、新規HD映像作品として収録。今後の「キングダム ハーツ」シリーズにとって重要なショートストーリーが展開します。

2012 年に発売された「KINGDOM HEARTS 3D[Dream Drop Distance]」の HD リマスター作品です。主人公のソラとリクは、やがて来る脅威に立ち向かうため、キーブレードマスター承認試験を受けることに。その為には7つの眠りの鍵穴を解放し、新たな力を身に付けるとともに、再び戻ってくる必要があるが・・・

シリーズならではのアクションが更に進化し、テンポ良くバトルやフィールドを駆け巡ります。眠りの世界では夢を喰う“ドリームイーター”という魔物が存在し、善良なドリームイーターは仲間にして戦う事も可能。他のシリーズには無いシステムをお楽しみ頂けます。

シリーズ初のスマートフォンアプリ「キングダム ハーツ アンチェインド キー」

◆KH2.8 最新トレーラー公開記念メダルプレゼント!

KH2.8新トレーラー公開を記念して、 KH0.2BBSのアクアデザインの限定メダルを対象期間内にログインされたプレイヤーの皆様にプレゼントいたします。

プレゼント:アクア HD ver

対象期間:2016年6月9日(木)4時00分~2016年6月20日(月)3時59分まで
※プレゼントは、対象期間中にゲームにログインした際のログインボーナスとして配布いたします。

◆KH2.8最新トレーラー公開記念イベント開催!

クエスト内の敵や宝箱からイベントコインを集めて、イベントボードを進め、限定メダル「アクア HD ver」をゲット!期間中にたくさん手に入れて、メダルをどんどん強化しよう!

対象期間:2016年6月9日(木)7時00分~2016年6月19日(日)23時59分まで  


Posted by kagero2347 at 16:57Comments(0)

2016年04月03日

核シェルターサバイバル『60 Seconds!』がアップデートで日本語対応!

2015年5月にStaemで配信された、Robot Gentleman開発の核シェルターサバイバル、『60 Seconds!』が最新アップデートで日本語に対応しました。本作は核爆弾が投下された直後からのサバイバル生活を描いた作品で、爆発するまでに物資や道具を集めて核シェルターに逃げこむ3Dのアクションパートと、核シェルターの中で日々のイベントをこなしていく2Dのサバイバルパートが楽しめます。
『60 Seconds!』はPC/Macを対象に980円で配信中。「興味はあるけど英語だし……」と見送っていた方は、今回の日本語対応を機にプレイしてみてはいかがでしょうか。  


Posted by kagero2347 at 18:20Comments(0)

2016年03月19日

“へんなえきたい”ですべてを破壊する

 本作は,もの哀しい雰囲気のBGMやデザインが特徴の横スクロールアクションで,“人類を滅ぼすこと”が目的となる。
 プレイヤーが操るのは巨大な謎の物体。巨大物体は自動で進行するのだが,ステージには,巨大生物の体力を奪う戦闘機や戦車などが出現し,その行く手を阻む。
 対して,巨大物体は画面のどこかをタップすることで「へんなえきたい」を吐き出して攻撃できる。タップする位置で攻撃の角度を,タップの長さで攻撃の時間を調節し,うまく敵を撃破しながら進んでいくのだ。

戦闘機や戦車を撃破することでほろぼした人数が増加していくが,どれだけの人数を滅ぼしても,ゴールやクリアといったプレイの区切りは発生しない
ひとほろぼし

 ステージを進んで「まち」に到達すると敵の数が急増するが,効率良く敵を殲滅することで,切り抜けられるはずだ。例えば,へんなえきたいは放物線を描いて地上に落下するため,画面右上を狙うことで,空の戦闘機を撃ち落としつつ,地上の戦車を一気に叩き潰すことが可能,といった具合だ。
 また,稀に出現する核爆弾のような攻撃に当たると,体力を大幅に削られてしまうのだが,これは目視してから対応できるようなものではないので,潰せたらラッキー程度に思っておいたほうがいいかもしれない。

前方全体に攻撃が行き渡るように吐き出そう
ひとほろぼし

 敵の攻撃を受け続け,巨大物体の体力メーターが0になるとゲームオーバー。これといったリザルト画面には移行しないのだが,ゲームオーバーになるまでにほろぼした人数が,実質ハイスコアといっていいだろう。ゲーム内での目標は存在しないが,ハイスコアの更新を目指してプレイするのは面白い。

ひとほろぼし
ゲームオーバー時は動画広告を見ることで1回のみその場からコンティニュー可能。また,ほろぼした人数をSNSでシェアすることもできる
ひとほろぼしひとほろぼし

 独特の雰囲気がクセになる本作。ゲームのルールはシンプルで忙しい内容ではないため,作品の雰囲気をじっくり味わえるのが嬉しい。世界観や空気感を重視している人や一風変わったゲームを楽しみたい人は,さっそくダウンロードして遊んでみてほしい。

著者紹介:H.H
 ゲーム系分野で活動中のフリーライター。現役アーケード格闘ゲーマーであり,日々ゲーセンで第一線級のプレイヤー達と凌ぎを削っている。コンシューマやスマホアプリでは,ジャンルを問わずに面白いゲームなら何でもやる雑食系。
  


Posted by kagero2347 at 16:11Comments(0)

2016年03月04日

タイトーステーションのFC加盟店にも電子マネー導入へ

フランチャイズ加盟店
「タイトーFステーション」に3月4日より
2店舗同時に電子マネー導入スタート
~電子マネーによるサービスの向上や運営の効率化を共有~

株式会社タイトー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:飯澤 幸雄、以下タイトー)が展開する、アミューズメント施設「タイトーステーション」のフランチャイズ(FC)加盟店「タイトーFステーション イオンモール浜松市野店」と「タイトーFステーション 西葛西店」の2店舗におきまして、電子マネー端末を導入いたしましたのでお知らせいたします。

電子マネー端末の導入は、2015年5月に「タイトーステーション」直営店で開始して以降、3月4日現在で直営店39店舗への導入が完了しております。今回、FC加盟店での導入も開始し、今後は、今期中に47店舗(直営店、FC加盟店含む)への拡大を予定しております。

電子マネー端末をご利用いただいたお客様からは、便利になったなどとご好評頂いており、既に400万回決済を越えるなど認知と共に使用率も上昇しています。また、電子マネーの運営ノウハウの蓄積によって、FC加盟店も直営店と同様に、電子マネー端末導入によるサービスの向上と運営の効率化を行い、顧客満足度の向上につなげてまいります。
FC加盟店での導入は、まずは2店舗からの開始となりますが、今後も順次拡大していく予定です。

タイトーは、今後も直営店舗とフランチャイズ店舗を全国のターミナルビルや商業施設等への出店を進め、電子マネーならではの付加価値を追求した新しいアーケードゲーム機の開発や、お客様のご要望にお応えする新しいアミューズメント施設を展開してまいりますので、どうぞご期待ください。

<導入店舗>

・タイトーFステーション 浜松市野店
静岡県浜松市東区天王町 1981-3 イオンモール浜松市野 2F
TEL:053-411-3047
運営会社:株式会社北陸レジャー 代表取締役社長 大西 権済

・タイトーFステーション 西葛西店
東京都江戸川区西葛西 6-6-10 TEL:03-6908-4346
運営会社:エイト・レジャー物産株式会社 代表取締役社長 富田 典宏


■お客様のニーズが高まる、タイトーのフランチャイズ事業

タイトーでフランチャイズ展開をする最大の強みは、電子マネー端末の導入を含めたアミューズメント施設経営の豊富な事業経験や、直営店の成功事例で培った店舗運営のノウハウです。きめ細やかなアドバイスはもちろん、お客様それぞれのニーズにあった商品とサービスを提供させていただき、迅速なサポート体制でオーナー様、運営サイドをバックアップしております。アミューズメント施設を運営している企業様からのフランチャイズ加盟を多くいただいておりますがスーパーバイザーもおり、これまでアミューズメント施設を運営したことが無いお客様でも、安心して始めることが出来ます。
今後もバックアップ体制を強化していくことで、更なるニーズの高まりが期待されます。

タイトー公式サイト:
https://www.taito.co.jp/
「フランチャイズパッケージ」ご案内
https://www.taito.co.jp/corporate
/business/amusement_business/franchise


■ゲームセンターのフランチャイズパッケージについて

既にアミューズメント施設を運営している方の加盟店契約はもちろん、異業種からアミューズメント事業に新規参入される方が初めてゲームセンターを経営する際に必要なノウハウや数々のツールを「フランチャイズパッケージ」として提供しています。事業開始後もきめ細かい経営指導と迅速なサポート体制で、地域の特性に合わせたゲームセンターの運営をバックアップいたします。  


Posted by kagero2347 at 16:53Comments(0)

2016年02月26日

20周年を迎える「東京ゲームショウ2016」の開催概要が発表

東京ゲームショウは今年20周年を迎えます
「東京ゲームショウ2016」開催概要発表!
テーマは 『エンターテインメントが変わる。未来が変わる。』
VRなど新コーナー続々。本日より出展の申込受付を開始。
会期:2016年9月15日(木)~9月18日(日)/会場:幕張メッセ

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:岡村 秀樹)は、日経BP社(代表取締役社長:長田 公平)の共催のもと、「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」を本年9月15日(木)から9月18日(日)までの4日間、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)にて開催することを決定し、本日より出展の申込受付を開始しました。

 TGS2016のテーマは、『エンターテインメントが変わる。未来が変わる。』に決定しました。このテーマには、多様な楽しみ方や新しい技術で、国境や世代など多くの壁を越えて、ゲームが今まさにエンターテインメントの価値を変えようとしている、という思いを込めています。

 TGS2016では、いよいよ市場に登場するVR(バーチャルリアリティ)関連の製品・タイトルを展示する「VRコーナー」や、人工知能関連の先端技術・サービスを持つ企業が出展する「AIコーナー」など、近年関心が高まる分野のコーナーを新設します。海外出展エリアには、これまで出展誘致を強化してきた東南アジアに加え、東欧・中南米の企業を対象とした「東欧ニュースターズコーナー」「ラテンニュースターズコーナー」も新設します。
 また、来場者からの要望が多い「試遊」の機会を増やすべく、「VRコーナー」内には主催者企画として試遊専用エリア「VR体験ゾーン」を設置するほか、親子で楽しむことができるファミリーゲームパーク(旧:ファミリーコーナー)は入場対象を中学生以下とその家族に広げ、タイトルラインアップを拡充します。
 さらに、リアルイベントの充実だけでなく、最新情報を国内外に広く発信するため、公式動画チャンネルのコンテンツを大幅に拡充します。TGS2016に特別協力するドワンゴ(代表取締役社長:荒木 隆司)は、同社が運営する動画サービス「niconico」にて、従来の会期中の番組配信に加え、会期前の7月から特別番組を放送します。また、会期中の出展社の公式生放送を無償で配信サポートします※。海外向け英語オリジナル番組の制作はTokyo Otaku Modeが協力します。
※無償配信サポートは40小間以上での出展など条件があります

東京ゲームショウは今年で20周年!
 1996年に始まった東京ゲームショウは、今年で20周年を迎えます。昨年は、過去最多となる480の企業・団体が出展し、歴代2位の約27万人の来場者数を記録するなど、東京ゲームショウは日本から世界に向けて最新の情報を発信する国際的なイベントとして成長してまいりました。TGS2016では、20周年記念として企画展や記念講演などを予定しています。詳細は後日発表する予定です。どうぞ、ご期待ください。

「東京ゲームショウ」公式ホームページ:http://tgs.cesa.or.jp

「東京ゲームショウ2016」のテーマ
「エンターテインメントが変わる。未来が変わる。」

インターネットやスマートフォンの普及、
ゲーム実況やe-Sportsの発展、
VRをはじめとした新しい技術の登場。
いま、GAMEは「遊び」だけではなく、
エンターテインメントの価値を大きく変えようとしています。
世代や性別、時間や空間、言葉や国境、
あらゆる壁を乗り越えて、
暮らしに、文化に、そして社会にイノベーションをもたらす。
これがGAMEの持つチカラです。
誰もが想像できなかった未来を、現実に。
TOKYO GAME SHOW 2016
新しい世界は、ここからはじまります。


●出展コーナー・主催者企画(予定)

○ホール1~8
●「一般展示」
ゲームソフトを中心としたデジタル・エンターテインメント関連製品/サービスを紹介するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー」
iOS、Androidなどのスマートフォンや各種タブレットなどのスマートデバイス向けゲームと、携帯端末やPCブラウザなどで楽しめるゲームを紹介するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「ロマンスゲームコーナー」
主に女性ユーザーをターゲットにした恋愛シミュレーションゲームなどを紹介するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「ファミリーゲームパーク」  ★リニューアル
家族で楽しめるゲームソフトや関連製品を紹介するコーナー。
今年から入場年齢制限を中学生以下とその家族に拡大。
小学生以下の限定エリアや、物販/専用フードコートも用意
しています。
※本コーナーへの入場は、中学生以下とその家族に限定します。
※「一般公開日のみ出展」するコーナーです。

●「ゲームスクールコーナー」
未来のクリエイターのために、ゲームスクール、大学、通信教育などの教育機関を紹介するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「AIコーナー」  ★NEW
AI(人工知能)技術を使ったソフトウエア、関連ハードウエア、ゲーム、サービスなどを展示するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「ニュープラットフォームコーナー」  ★NEW
セットトップボックス(STB)などの専用ハードウエア、専用ゲームソフト、サービスなどを展示するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。


○ホール9~11
●「e-Sportsコーナー」 ★リニューアル
前回までの主催者によるe-Sports競技会中心のコーナーから、ゲームタイトル、周辺機器、関連サービスの展示を中心としたコーナーにリニューアル。同コーナーでは出展社によるe-Sports大会を実施できる大型ステージも設けます。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「ゲームデバイスコーナー」
コントローラ、キーボード、マウス、ヘッドフォンなど、家庭用ゲーム機や携帯型ゲーム機、PCゲームなどと連動したデバイスや関連グッズを紹介するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「物販コーナー」
ゲーム関連グッズやゲームソフトの販売を目的としたコーナーです。
※「4日間出展」と「一般公開日のみ出展」するブースがあります。

●「インディーゲームコーナー」
独立系(インディー)開発者を出展対象とする、あらゆるプラットフォーム向けの完全オリジナゲームを紹介するコーナーです。
※出展プランは個人でも出展できる安価な「タイプ A」(応募後選考あり)と法人のみ先着順でお申し込みいただける「タイプ B」があります。
各出展プランは公式ウェブサイトにてご確認ください。

●「コスプレコーナー」
コスプレエリア内に設置するコスプレ関連商品を展示、販売するコーナーです。
※「一般公開日のみ出展」するコーナーです。

●「VRコーナー」  ★NEW
VR(仮想現実)技術を使ったソフトウエア。関連ハードウエア、ゲーム、サービスなどを展示するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

○ホール1~8
●BtoB向け出展コーナー・主催者企画(予定)

●「ビジネスソリューションコーナー」
ゲーム関連のBtoB企業を対象とする展示コーナーです。
 「クラウド/データセンターパビリオン」
ソーシャルゲームやネットワークゲームのインフラ環境を支援するクラウド/データセンターサービスを紹介するコーナーです。
※「4日間出展」と「ビジネスデイのみ出展」するブースがあります。

●「アジアニュースターズコーナー」
アジア圏で有望なゲームベンチャーなど、ゲーム業界の新星「ニュースター」となる企業を紹介するコーナーです。各国・地域のメディアパートナーと協力し、日本企業に向けたPRも実施する予定です。
※「4日間出展」と「ビジネスデイのみ出展」するブースがあります。

●「東欧ニュースターズコーナー」 ★NEW
高度なゲーム開発教育を行う工科大学が充実している東欧各国(ポーランド、クロアチア、チェコ、ルーマニアなど)から、ゲームベンチャー企業を紹介します。
※「4日間出展」と「ビジネスデイのみ出展」するブースがあります。

●「ラテンニュースターズコーナー」 ★NEW
新興著しい中南米市場(ブラジル、アルゼンチン、チリ、コロンビア、コスタリカ、メキシコなど)から、ゲームベンチャー企業を紹介します。
※「4日間出展」と「ビジネスデイのみ出展」するブースがあります。

○国際会議場
●「ビジネスミーティングエリア」
落ち着いた環境で充実した商談を実現するミーティングスペースです。出展社とビジネスデイ来場者、もしくは出展社同士をマッチングするシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」をご利用いただけます。
※「ビジネスデイのみ出展」するコーナーです。

◆ビジネスデイのみ開催する企画
◆「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」
アジア圏を中核としたゲームビジネスの拡大を目指し、アジアのゲーム産業のトップが一堂に会する国際的なカンファレンスを開催する予定です。

◆「SENSE OF WONDER NIGHT 2016」
ゲームのプロトタイプをはじめとした各種アイデアを発表する国際的な祭典です。全世界から広くアイデアを募集し、優秀な作品はゲーム業界関係者の前で、プレゼンテーションできます。

◆「TGSフォーラム2016」
ビジネスデイの業界関係者に対しゲーム産業の最新技術動向やビジネス動向にフォーカスしたカンファレンスを開催します。

◆「インターナショナルパーティー」
ビジネスデイ2日目(9月16日)夕方より、海外の来場者・出展社と、国内出展社のビジネス交流を目的としたネットワーキングパーティーを開催します。

◆その他
「フードコート/休憩エリア」
ホール1~8とホール9~11の中間にあるイベントホールをフードコート/休憩エリアとします。
スタンド約5000席を開放し、お食事のほか休憩エリアとしてもご利用いただけます。
また、各ホール2階にもベンチを設置する予定です。
これにより「座って休める場所」が大幅に拡大します。
※上記は、2016年2月23日現在で予定している内容です。今後の準備状況、出展申込状況により、内容や設置ホールを変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※各コーナーや主催者企画の詳細は、今後の報道資料でご案内いたします。

■開催概要
名称:東京ゲームショウ2016 (TOKYO GAME SHOW 2016)
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:日経BP社
後援:経済産業省(予定)
特別協力:ドワンゴ
会期:2016年9月15日(木) ビジネスデイ 10:00~17:00
2012年9月16日(金) ビジネスデイ 10:00~17:00
※ビジネスデイは、ビジネス関係者およびプレス関係者のみのご入場となります。
2012年9月17日(土) 一般公開日 10:00~17:00
2012年9月18日(日) 一般公開日 10:00~17:00
※一般公開日は、状況により、9:30に開場する場合があります。
会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)
展示ホール1~11/イベントホール/国際会議場
来場予定者数:23万人
募集小間数:2000小間
入場料:一般(中学生以上)…当日1,200円(前売券:1,000円)
(一般公開日) 小学生以下…入場無料

■出展社募集スケジュール
出展申込締切日:2016年5月31日(火)
小間位置選定会:
2016年6月21日(火)…40小間以上(隣接小間がない形状)の出展社
2016年7月1日(金)…40小間未満(隣接小間がある形状)の出展社
出展社説明会:2016年7月1日(金)  


Posted by kagero2347 at 16:51Comments(0)

2016年01月27日

大人気アクションRPG『アラド戦記』

大人気アクションRPG『アラド戦記』
大型アップデート「アラド新風」を実施!!

 オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下 ネクソン)は、大人気アクションRPG『アラド戦記』において、ダンジョンを中心に、アイテム、システム、キャラクターバランス等の改変を中心とした大型アップデート「アラド新風」を実施いたします。

 エピッククエストシナリオを楽しめるシナリオダンジョンが全ての一般ダンジョンに追加されたり、シナリオダンジョンクリア後にオープンし特別な報酬が得られる循環ダンジョンが導入されます。

 アイテムではエピックを制作するための「エピックのかけら」が追加され、新しく用意されたエピック図鑑で、かけらの保存数や製作可能なエピックが確認できます。

 他にも「ストーリーブックシステム」「自由転職変更システム」「競売場・チャンネル統合」など数多くのアップデートを行っております。

 また、今回のアップデートを記念して、新規キャラクターを作成し、レベル50以上まで成長させた方向けに、「NEXONポイント山分けキャンペーン」も実施しております。ぜひ、そちらにもチャレンジしてみてください!  


Posted by kagero2347 at 19:17Comments(0)